David Alexander Rahbee

conductor

davidsil1

伝記

゙ビッド・アレクサンダー・ラービーはボストン生まれの指揮者。メイン州ハンコック市のピエ ール・モントゥー・スクールでチャールズ・ブルックとマイケル・ ジンボに師事、その後インディアナ大学ヴァイオリンと作曲、ニューイングランド音楽院指揮、ウィーン国立音楽大学で学び、カナダのモントリオール 大学では博士号を取得。また、クルト・マズア、サー・コリン・デイヴィス、ヨルマ・パヌラ、 ズデニェク・マーカル、ピーター·エトヴェシュ、ゾルターン・ペシュコー、ヘルムート・リリ ング、オットー・ウェルナー・ミューラーのマスタークラスに参加、芸術性をさらに洗練する。

ラービーは1997年から2001年までマサチューセッツ州ケンブリッジのフィデリオ室内管弦楽 団の指揮者兼音楽監督、2002年から2005年までマルチェロ・ヴィオッティのアシスタントを 務める。

2003年にアメリカ・オーストリア財団の「若い指揮者の為のヘルベルト・フォン・カラヤン・ フェローシップ 」、2005年には、ドイツ・バイロイトの「国際リチャード・ワーグナー協会奨学金」を受賞。

2003年のザルツブルク音楽祭では、フェローシップとレジデンシーの一環として、国際アテル ガウ・インスティテュート・オーケストラウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の後援でウ ィーン・フィルハーモニー管弦楽団メンバーと、ボビー·マクファーリンを含む客演指揮者のア シスタントを務める。

ハンガリー・ソンバトヘイのバルトーク国際映画祭では、音楽祭の閉会コンサートでサヴァリア 交響楽団を定期的に指揮。

これまでに、アイルランドのRTE国立交響楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 、ドレスデン音楽大学オーケストラ、ロハ交響楽団エクアドル、アルメニア·フィ

ルハーモニー管弦楽団、ノルウェイの「クール・オペラ」スタヴァンゲル交響楽団のメンバー 、サヴァリア交響楽団、シェーンブルン宮殿オーケストラ ウィーン、ゲッヒンゲン聖歌隊、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム、カンマーフィ ルハーモニー・ベルリン・ブランデンブルク、ミラノのディヴェ ルティメント・アンサンブルを指揮する。

現代劇場ミュージカルのジャンルでは、ブルーノ・マデルナ作曲の室内オペラ「Satyricon」を ディヴェルティメント・アンサンブルと上演。また、ヘルムート・ラッヘンマンの 「Mouvement (-vor der Erstarrung)」のイタリア初演でもこのアンサンブルを指揮。

ラービーのロッシーニ・「セビリアの理髪師」序曲のトロンボーン四重奏の為の編曲が、世界で 最も偉大な人のトロンボーン奏者のカルテット、「フォー・オブ・ア・カインド」によって録 音され、サミット・ミュージックからCDリリースされた。この作品はイギリスのワーウィック ・ミュージック等から出版されている。

作曲家としてのデビッド・アレクサンダー・ラービーは、これまでに以上の作品を作曲して いる。彼はまたニューヨークのプロメテウス室内管弦楽団のバイオリニストであった。

bioespanol
bioaufDeutsch
biokorean
DSCF2309

© 2017 studiobleu.eu All rights reserved

HOME